About      Works      Contact   

 

慶應の建築デザイン

システムデザイン工学科|都市建築デザイン研究室


慶応大学 建築・都市シンポジウム
慶応大学 建築都市国際シンポジウム, 2023


慶應の建築の独自性は、建築学科ではない学科・学部に建築分野があることです。当研究室(都市建築デザイン研究室/佐野研究室)が所属するシステムデザイン工学科は1996年に慶應義塾大学理工学部に創設され、2001年に建築分野が設けられました*。草創期には建築家の隈研吾、妹島和世が招かれ、システムデザイン工学科における建築デザイン分野のスクールカラーを形成してきました。

システムデザイン工学とは、個々に独自の発達を遂げてきた要素技術を統合し、技術と技術、技術と人間、技術と社会をより高度に調和させるシステムやそのデザインを扱う*学際的な学問・研究領域です。
当研究室は、システムデザイン工学科に所属する多種多様な研究室のなかで建築の意匠系分野を担い、建築デザインを都市、社会、環境という拡がりのなかで捉えた教育研究を行っています。

慶應の建築分野は、理工学部SFC(総合政策学部・環境情報学部)にそれぞれ設置されていますが、2018年に理工とSFCを横断する枠組みである慶應アーキテクチャが発足し、共同でのプロジェクトやデザインレビューが行われています。SFCとの共同プロジェクトとして、二地域居住の建築・都市デザインを研究するプロジェクトに取り組んでいます。

また、研究活動に加えて、隈研究室・妹島研究室が建築設計を実践していた慶応理工のスクールカラーを継承し、建築設計の実践も行っています。当研究室では、建築のデザインとエンジニアリングを並行して行う設計実践を行い、建築設計の実践を通して得られた知見を研究にフィードバックしています。

 

光環境をテーマにした建築設計の実践都市と連続した建築空間の設計実践
Blue Box Office(設計:慶応大学 佐野哲史研究室) 2023
協働:Eureka (エウレカ), 早田大高設計事務所


Links
 

慶応大学 都市建築デザイン研究室 教員プロフィール

在学生(建築系)インタビュー | 慶応大学理工学部

慶應理工の建築・都市デザイン | 慶応大学理工学部

* 慶應義塾大学理工学部75年史
* st.keio.ac.jp/departments/faculty/sd.html


慶應義塾大学 都市建築デザイン研究室
佐野研究室
理工学部 システムデザイン工学科/理工学研究科 空間・環境デザイン工学専修

©2022 co+labo Urban Architecture Research & Design Laboratory, Keio University. All Rights Reserved.